このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
税理士事務所・会計事務所の代表社員の皆様へ
[ZOOM開催]
4月13日
(火)
開催!!

PM16:00〜17:30(受付15:45〜)

事務所収益の80%を占める
上位20%の関与先に
ふさわしい最先端の情報を
ご用意しました。

このようなことが、

お客様との会話で話題になったことはございますか?

先生はお客様から信頼を頂ける見解をお持ちでしょうか。

SDGs、ESG、TCFD、BCP
南海トラフ地震や台風、津波などの災害
損害賠償、サイバー攻撃、情報漏えい
☑疫病・感染症

本セミナーでは、お客様の悩みに対して具体的な解決策があります。


全ての問題は
【気候変動】
ここから始まっています。

動画公開からでさえも
既に5年が経過しようとしています

【環境省】気候変動への挑戦 
セクション2
(※2016年4月にUpされた動画です。)


6つの特徴

features

南海トラフ地震
30年以内の発生確率『70~80%に』
政府の地震調査会発表。
(2017/12/28)

気象災害、日本が最悪。
ドイツの環境シンクタンク
「ジャーマンウォッチがまとめた。
(2019/12/6)

富士山噴火なら7都県で鉄道停止。
政府の中央防災会議の
作業部会が報告書をまとめた。
(2020/3/31)

損保支払い世界で12兆円
今年、最大規模。
イベント中止や休業
英ロイズ保険組合見積もり。
(2020/3/31)

南海トラフ被害、
20年間で最悪1410兆円
土木学会推計首都直下地震は778兆円
(2018/6/7)

気候変動リスク、
企業の「負債」に
国際枠組み、分析・開示促す
数値化に課題 TCFD
(2020/3/31)

リスクファイナンスの観点からみた
日本の評価

evaluation

ブローカーおよびシンジケートを会員とするイギリスのロイズ保険組合のレポート「Lloyd’s City Risk Index」のTop ten cities at risk では、1位に東京、6位に大阪と格付けされている。

ロイズとは
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


「Lloyd’s City Risk Index」
2018年

私たちが今、
士業の先生方に

お伝えしたいこと
【講師より】

  • リスクファイナンスとは、
    企業の財務面に於ける
    リスク対策である。


    今、企業の最大の関心事の一つが、有事の際の流動資産の確保。

    その、最も有効的な手段の一つが、『リスクファイナンス』。

    経済産業省は、平成18年には『リスクファイナンス研究会』を立ち上げ、現在に至り積極推奨してきた。

    しかしながら、現状の日本の企業には殆ど浸透して来なかった。
    その結果、、、

    例えば、『コロナ』に関しては、事実世界で12兆円もの保険金が支払われている。

    つまり、企業側は、12兆円の現金が受領できた事実がある。
    翻って日本では、日本の保険会社の日本国内での支払いは殆どない。

    しかし、これら、日本の保険会社は、海外で所有する保険子会社では保険金は支払っているのだ。

    有事への備えとしての保険契約が、最大の有事に全くと言っていいほど、日本国内の企業には機能しなかった。

    更に、今後の日本市場を襲う災難は、首都直下地震・南海トラフ地震。

    100年に一度の台風は、今では毎年日本列島を襲っている。富士山の噴火、、、、第二、第三の感染症、、、、など、

    このような現実の中で、内在するリスク偏差値として世界のマーケットは、日本の主要都市のリスク評価を、世界の最高レベルとしている。

    つまり、最も危険度の高い国であるという事だ。

    このような『事実』に対して、 世界では、常識的なリスクファイナンスの手法が、日本では殆ど導入されていない。

    導入しているのは、ごく一部の大手企業だけだ。

    その理由は、単に『不知』であるだけ。

    こうした、リスクファイナンスの手法を、我々は中小企業でも導入可能なスキームにした。

    かつ、この手法の展開では国内では競合がおらず、事業としてマネタイズしやすい。

    何よりも大切なクライアントを、大きなリスクからファイナンスの分野で守る事ができる。

    世界で活躍する現役のリスクファイナンスコンサルタントを講師に招き、その手法を惜しみなく開示する。
  • リスクファイナンスとは、
    企業の財務面に於ける
    リスク対策である。


    今、企業の最大の関心事の一つが、有事の際の流動資産の確保。

    その、最も有効的な手段の一つが、『リスクファイナンス』。

    経済産業省は、平成18年には『リスクファイナンス研究会』を立ち上げ、現在に至り積極推奨してきた。

    しかしながら、現状の日本の企業には殆ど浸透して来なかった。
    その結果、、、

    例えば、『コロナ』に関しては、事実世界で12兆円もの保険金が支払われている。

    つまり、企業側は、12兆円の現金が受領できた事実がある。
    翻って日本では、日本の保険会社の日本国内での支払いは殆どない。

    しかし、これら、日本の保険会社は、海外で所有する保険子会社では保険金は支払っているのだ。

    有事への備えとしての保険契約が、最大の有事に全くと言っていいほど、日本国内の企業には機能しなかった。

    更に、今後の日本市場を襲う災難は、首都直下地震・南海トラフ地震。

    100年に一度の台風は、今では毎年日本列島を襲っている。富士山の噴火、、、、第二、第三の感染症、、、、など、

    このような現実の中で、内在するリスク偏差値として世界のマーケットは、日本の主要都市のリスク評価を、世界の最高レベルとしている。

    つまり、最も危険度の高い国であるという事だ。

    このような『事実』に対して、 世界では、常識的なリスクファイナンスの手法が、日本では殆ど導入されていない。

    導入しているのは、ごく一部の大手企業だけだ。

    その理由は、単に『不知』であるだけ。

    こうした、リスクファイナンスの手法を、我々は中小企業でも導入可能なスキームにした。

    かつ、この手法の展開では国内では競合がおらず、事業としてマネタイズしやすい。

    何よりも大切なクライアントを、大きなリスクからファイナンスの分野で守る事ができる。

    世界で活躍する現役のリスクファイナンスコンサルタントを講師に招き、その手法を惜しみなく開示する。

主催者からのごあいさつ

ここまでご覧頂き、
誠にありがとうございます。
SDGsをはじめとした世界公約の履行を推し進める取引先企業と、今目の前にあり、尽きることのない気象変動や新型コロナウイルス等による自然災害。

19年度末時点で過去最大を更新した国の借金1114兆5400億円に。

緊急経済対策として、20年度補正予算が決まった23兆円の赤字国債発行。6月9日に「ポジティブ」から「安定的」に引き下げられた、長期債務(国債)の格付け、事業承継や後継者育成、事業の立て直しなど、、、

中小企業の経営者様の課題は増える一方です。

セミナー主催者
(株)take-O 代表取締役
柳澤 丈夫
MDRT2020 Top Of Table会員
2008~2020 13回
TOTx8回 COTx4回
入会以来、企業保険に従事

毎年行われるMDRT等の研修活動を通じて世界の情報を更新

信頼を頂いいるお客様に、私に長年任せていたせいで「情報入手の機会損失」となった、そのようなことにならないよう、心掛けております。
父のお墓参りは全員大集合で

8人兄弟の次男だった父は、満州に行った叔父の代わりに兄弟の面倒を見て結婚が遅れたそうです。写真中央の母は84歳。子供のころ家族で海の家に行くと「おじいちゃんおばあちゃんときたの?」といわれたことを今でも覚えています。
毎年行われるMDRT等の研修活動を通じて世界の情報を更新

信頼を頂いいるお客様に、私に長年任せていたせいで「情報入手の機会損失」となった、そのようなことにならないよう、心掛けております。

リスクファイナンスセミナー
【ZOOM開催】

株式会社 take-O 主催
4月13日(火)開催
PM16:00〜17:30(受付15:45〜)

PC又はタブレットでご受講ください


SDGs・ESG・TCFD・BCPに
つきましては、
こちらをご覧ください。

政府広報資料など

【外務省】
SDGs NOW!
17 Goals to Transform Our World
(2018/05/02)


【GPIF】
ESG図解
(年金積立金管理運用独立行政法人)
(2020/04/03)


【経済産業省】
TCFDサミット・ダイジェスト
(2019年)
(2020/01/06)


【中小企業庁】
2020年版
中小企業白書・小規模企業白書

⑦感染症対応に関する取組事例等
(白書掲載部分)

(2020/07/05)※BCP


よくあるご質問

  • Q
    セミナー参加に費用はかかりますか?
    A
    今回は、弊社からご案内させて頂きました先生方限定の非公開セミナーです。
    特別なオファーですので、費用は頂きません。
  • Q
    講師の紹介がありませんが...
    A
    リスクファイナンスの第一人者です。クライアントの保全を最優先としておりますので、こちらのご案内では匿名とさせて頂いております。セミナー当日にご紹介させて頂きますのでご安心ください。
  • Q
    講師の紹介がありませんが...
    A
    リスクファイナンスの第一人者です。クライアントの保全を最優先としておりますので、こちらのご案内では匿名とさせて頂いております。セミナー当日にご紹介させて頂きますのでご安心ください。

セミナー概要

日時
4月13日(火)開催
PM16:00〜17:30(受付15:45〜)
料金 無料
開催場所 ZOOM開催
参加資格 代表税理士及び所長
開催場所 ZOOM開催

エントリー&資料請求

application&request

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信する
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。